政令市役所・地方公務員の家計をご紹介【入庁12年目・都内在住・30代夫婦・こども2人】

給与・待遇

こんにちは、元公務員主婦の「かじゅ」です。

公務員家庭のリアルな生活実態をお伝えするため、

政令市役所・地方公務員の家計をご紹介【入庁12年目・都内在住・30代夫婦・こども2人】

と題して、リアルな家計をご紹介いたします。

ひとつのサンプルケースにしてもらえれば嬉しいです。

イメージは、賃貸・車無しのクレヨンしんちゃんファミリーです

ではどうぞー。

月給・手取り収入内訳(例:令和2年5月・関東政令市・地方公務員)

内容金額備考
固定月給384,684基本給・地域手当
扶養手当・住居手当
残業代18,718月7時間程
-24,230所得税・住民税
保険・年金-63,215
厚生会-6,471支給額×数%の負担
組合-6,222
手取り303,264

歩合などは無いので、収入は残業代で前後する程度、安定しています。

税金は、

・医療費控除(出産時の検診代など)

・寄附金控除(NPO寄付やふるさと納税等)

によって、収入に対しては少なめです。

その結果、額面の8割程度が手取りでした。

毎月の支出内訳(例:令和2年5月・関東政令市・地方公務員)

内容金額備考
家賃88,0002DK・50㎡
高熱水費12,000都市ガス
通信費4,8002台・6GB・5分カケホ
食費60,000
園バス3,000
生命保険4,200収入保障保険
生活用品15,000おむつ等
服飾15,000こどもの物が多い
雑費30,000書籍・おもちゃ
飲み会
学資保険21,000かんぽ生命(長男用)
積立NISA20,000SBI証券(次男用)
ideco12,000楽天証券
貯金20,000
合計295,000

手取りとそれほど変わりないので、残業がゼロになれば、ボーナスで補填しないといけないですね。

昨年10月までは幼保無償化になっておらず、幼稚園が月3万程でしたので赤字一直線でした。

お家は手狭になってきたので、今後家賃がもう少しかかってきそう。

携帯代は安くできてるかなと思います。

児童手当は全く触れずに別口座で管理しています。

まとめ:収支は残業代次第。今後の教育費などの捻出には不安

今後、こどもにかかるお金が増えてくるので、多少不安はあります。

収支は残業代次第ですが、こどもとの時間を過ごしてほしいので残業が少ないのは喜ばしいことです。

なので、こどもが小学校に入学したらパートでもできればいいかなーと思っています。

ひとつの生活実態として、なにかの参考になれば嬉しいです。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました